TOP > Shogo Sakaniwa > Biography


さかにわ しょうご 1950年1月20日生まれ

唄のじょうずな祖母に背負われて育ったことが音楽好きになったモトという。幼い頃は、いつもポケットにハモニカを入れ持ち歩いていた。
1965年、高校入学。京都会館第二ホールで行われた『第一回 TAKE IVY キャンペーン(VAN JACKET主催)』に出演していた「ドゥディ・ランブラーズ」が唄ったアメリカン・フォークソングに魅了される。高校ではブラスバンド部に入り、高校吹奏楽の中ではトップの指導者であった先生からリズム、和声と音楽の基礎をたたき込まれる。サックスを担当していたが、本当にやりたかったのはベンチャーズを聴いて衝撃を受けたドラムスで、先生に見つからないよう密かに練習していた。このブラスバンド部の先輩にアメリカン・フォークソングのバンド「ソリタリー・シンガース」に誘われ、初めてギターを手にする。

1969年、京都産業大学に入学し、城田じゅんじと出逢う。「シューベルツ」の弟バンドとして結成された「マヨネーズ」に参加。東芝EMIより「男の子だから」でレコードデビュー。
1970年 、「はしだのりひこ&クライマックス」に参加。きたやまおさむ作詞の『花嫁』に曲をつけ、ミリオンセラーとなる。1971年、同曲でNHK紅白に出場する。「クライマックス」解散後、真面目に大学に行こうと決心するも、城田じゅんじに誘われ1973年、「高石ともや&ザ・ナターシャーセブン」に参加。解散までの10年間勤務。

1984年 、「笠木透とフォークス」に参加。本格的に作曲に取り組みフォークス時代に88曲をつくる。
1992年、「SAM」を結成。この時期から、宮崎勝之、「ウェバリー・ブラザース」(中川イサト、高田渡、坂庭)などさまざまなミュージシャンとのセッションを開始する。
1996年『VINTAGE VOICE』(R.H.Y ) に参加。
1997年『VINTAGE VOICE 2』に参加。また、きたやまおさむ作詞の『さよなら、青春』東芝日曜劇場「理想の上司」の主題歌に取り上げられる。初のソロアルバム『ぼくの古いギター』、城田じゅんじとのデュオアルバム『力をあわせて』を発表。
1998年、17年振りに「高石ともや&ザ・ナターシャー・セブン」再会。毎年夏の宵々山コンサート、年に1回のコンサートツアーを再開。

shogo_1.jpgphoto by TETSURO SATO
1999年、デビュー30年を記念し京都、東京でコンサートをひらく。これを機に Shogo BRAND.、Palm StringsRecords を立ち上げ、本格的なソロ活動を開始する。2枚めのソロアルバム『別れのうた』、デビュー30周年記念のライブアルバム『LIVE この想い』、宮崎勝之とのデュオアルバム『Battle One』を相次いで発表。12月、桂枝雀師匠の追悼番組「夢のようなうつつのような」(NHK総合TV)の挿入歌に『この想い』ほか4曲が取り上げられる。京都・都雅都雅で「八時間耐久ライブ」を始める。
2000年、50才を記念して、城田じゅんじとのライブツアービデオ『fifty-fifty Live』を発表。
2001年、城田じゅんじとのアルバム『Chikara wo Awasere vol.2』を発表。
2002年、1月NHK大阪ホール落成記念「上方演芸ホール 〜桂枝雀一門会〜」にゲスト出演「この想い」を唄う。3枚めのソロアルバム『Hobo's Lullaby』を発表。
2003年、映画『タカダワタル的』のためのライブに出演。宮崎勝之とのアルバム『Battle Two』を発表。

2003年12月15日、省悟さんは私たちの手の届かない処へ旅立っていきました。省悟さんの唄を、演奏を、そして坂庭省悟という人を愛し、支えてくださったすべてのみなさまにお礼を申し上げます。
みなさまの心の内で、省悟さんがいつまでも唄いつづけられますように。